プレス加工と深絞り加工

Culobel グループは、最大600トンの容量の機械式・油圧式プレスを50機以上備えています。

 

image-42 image-43 image-44

 

打ち抜き加工と曲げ加工

フラットな製品は、プレートまたはシート材から打ち抜きます。これらの製品は、さらに深絞りや曲げ加工工程で主に使用されます。様々なステップは手動で行うこともできますが、Culobel 社は、これらの工程を自動で行えるようにロボットを多数所有しています。

 

順送型ツールを使ったプレス加工

形状に関してあまり簡単とは言えないプレス加工を、多数の連続したステップで行います。これらの異なる工程は、打ち抜き、曲げおよび深絞りを組み合わせた順送金型または搬送ツールを使って行います。当社のプレスは、最大600トンのプレス加工用に装備されており、最大10mm 厚のテープ金属を自動的に加工できます。

 

image-29 image-36 image-37

 

深絞り加工

製品は、油圧式プレスを用いてフラットな材料から成形します。これは、Culobel 社が最も得意とするところです。当社は、最大600トンの自社油圧プレスで、最大10mm 厚のフラットなブランク材を深絞りすることができます。

 

主な加工原材料

ステンレス鋼: RVS 304、316L、316 TI、310、321、430など

鋼材: S235JRG2(ST 37)、S355JRG2(ST 52-3)、DC-01、DC-04、DC-05、DC-06、S700MC、QSTE380、1.7335、ST 12-03 および ST 14-03、DD11、DD13など

亜鉛メッキ鋼板: DX51DZ140 / 275 , DX53DZ140 / 275

アルミニウム: AL 99,5, ALMg3